0545-61-6464 0545-61-6464
  

口腔がん検診について

最低でも年1回は口腔がん検診・口腔健診を受診しましょう

宮本歯科では口腔がん検診を始めました。

口腔がんの予後(死亡率)は46.1%と悪いですが、早期発見で、グンと予後はよくなります。
また審美的かつ機能的の面も向上いたします。
また、大学病院との連携も取っております。

口腔がんとは?

口腔がん

現在、日本では2人に1人ががんに犯され、3人に1人ががんで亡くなっております。
「がんは日本人の国民病」と言っても過言ではない数字です。
現代の医学は大きく進歩し、生存率も高くなってきていますが、それでも、「がん」と診断されたら動揺し、不安な気持ちになる方も多いかと思います。

毎年約7,000人以上の方が口腔がん(咽頭含む)で命を落としています

口腔がんはお口の中に発生するがんで、歯以外の中でどこにでも発生するがんです。
口の中にがんができる事をご存知ない方も多く、口腔がんは認知度が低いのが現状ですが、頭や喉にできるがんの中では、喉頭がんについで多いのが口腔がんです。

日本では毎年3,000人を超える方が口腔がんによって命を落としています。

口腔がん検診とは

口腔がんは、

  • ただの口内炎だと思っていた
  • 痛みがないので放っておいた

などの理由から発見が遅れ、手遅れになるケースが非常に多くなっています。
けれども、口腔がんは早期発見・治療ができれば命を落とすケースは少ないのです。
口腔がん検診では、患者さんのお口の中を隅々までチェックします。
お口の中をすべてチェックする事で、患者さんが自覚できない病変等を見つける事が可能です。
また、口腔がんは、発見が遅れると患部を大幅に切除しなくてはならなくなり、発声や発音に障害が残ってしまう可能性が高まります。
しかし、早期発見・治療できれば切除範囲はごくわずかになる為、障害は残らない場合が多くなっております。
定期的に検査をし、口腔がんの早期発見と治療を実現します。
年に1回は口腔がん検診を受ける様にしましょう。

口腔がん検診の基本的な流れ

1.問診

口腔がんになる要素がどれくらいあるか?
生活習慣についてご記入いただきます。

2.視診(パノラマ撮影含む)

お口の中に異常がないかを目で確認します。

3.触診

ゴム手袋を付けた指で触り、しこりや盛り上がっているところがないかを調べます。


4.口腔内のガルパニック電流測定

がんは遺伝子の傷と言われています。
オーラルテクターという機材を使用し、口腔内のガルバニック電流測定をさせて頂きます。

5.ベルスコープによる検査

VELscope®Vx(ベルスコープ)でお口の中に青色光を当て、異常がないか観察をします。
そのまま、お口の中の状態を写真撮影します。

6.診断および説明

結果を報告書にまとめ、それを元に口腔内の現状に関してカウンセリングを行います。
口腔内に関し、歯科医師から指摘を受けた場合には、速やかに歯科医院に通院し、口腔内の治療や改善を行ってください。

結果

口腔がん検診では、お口の中の状態や写真を検査報告書にする事で、受診者の方に口腔内の状態を判りやすくご説明します。
また、その記録を保管し、毎年の検診(健診)におけるお口の中の変化を見続けます。
異常が見られた場合は、スタッフと共に治療計画を立てて治療へ移ります。

ご予約はこちらからお願いいたします。
宮本歯科で加入している「口腔がん撲滅委員会」のサイトへリンクしています。

宮本歯科

0545-61-6464 0545-61-6464

〒416-0915 静岡県富士市富士町14-3
JR富士駅から徒歩3分

pagetop

金属アレルギー治療とは

診療案内

  • 金属アレルギー治療
  • イオンデトックス
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 口臭外来
  • 位相差顕微鏡
  • エピオスシステム
  • プラズマレーザー治療
  •         
診療時間
診療時間

午前 9:00~12:30

午後 14:30~19:00

※土曜日は14:00~17:30

最終受付時間
月~金曜日:18:00
土曜日:16:30

宮本歯科
TEL 0545-61-6464

求人情報